blog

image

2011年東日本大震災の後、周りはチャリティーや義援金というかたちで何かをしようという動きが多かった中、僕は少し冷めた見方をしていて、地震のすぐ後は、店もどうなるかわからなかったし、商売をやめたしまった店も沢山ありました。

なのでそう言うチャリティーという動きは、イタリアからインポーターに送られてきた、義援ワインの販売の他はやってなかったのですが、このイブが、大震災孤児の為にチャリティーマルシェをやりたいと言い出して、逆に僕たち日本人が引っ張られる形で、年に2回。10回はやろうと言う事で進めてきて、昨年、10回を迎えて、とりあえず、終了しました。

僕の周りに孤児なんて居ないけど、彼の故郷、アフリカには沢山いて、その悲しみを知っている彼からの申し出。第1回なんとか終わった後の、彼の僕たちへのお礼と涙。

そんな繋がりです。彼も2軒やっていた、お店を数年前に閉めてしまい、しばらくはレストランで雇われて働いていたのですが、この度桜台で、またお店を開くと言うので、行ってきました。

まだまだ見切り発進みたいな感じですので、お店の紹介はまだしませんが、もう少し形になったら、おしらせしますね。アフリカテイストのランチを頂いてきました。

チャリティーなんていう柄じゃない僕が、イブのおかげで、素敵な時間を過ごすことができました。本当に協力できて良かったです。