blog

lavitaの前を何年も散歩で通っていたジャックラッセルのランちゃんが亡くなったと、先日飼い主さんから報告が来ました。
僕と挨拶を交わすまで外に居座るほどの懐いてくれた女の子でした。

初めて犬を飼った飼い主さんなので、僕は10歳を過ぎたころから、やんわりとそろそろですよそろそろですよって、亡くなるかも知れない事をによわせていたのですが、何と元気なまんま17歳までの大往生でした。
それでも救急で病院に連れて行ったって泣きそうになりながら相談に来た時も、もう十分生きてるから、自宅で見送ってあげて下さいってアドバイスは送ったのですが、その決心はつかずに病院で亡くなったそうです。

17歳って人間なら高校生になってる歳ですからね。それはどんなに辛い事か僕も何度も見送ってますのでわかります。
でもその中にも耐え難いくらい辛い相棒はいるんですよ。
100%の力でずっとこっちだけを見てくれてた相棒との別れは引きずります。

今日も見かけたので声をかけたら、まだ足元にいる気がして凄い不思議な感じでなんか変な感じって言ってました。
犬を亡くした悲しみは犬でしか補えないから、寂しいと思ったら、次の犬を迎えて下さいとアドバイスしておきました。
やっぱりテリアが好きなので、もしそうなったらお願いしますって言ってました。
まあそう言うってことは、時間の問題ですね。(笑)

でも自分の歳を考えた時、いつか次の子を迎えられない時が来るんだなー。犬と離れては生きて行けないなー。
とりあえず今の3匹体制を満喫しよう。