blog

lavitaのすぐそばにある、定食屋さんの板垣さんが病気療養から復活しました。1ヶ月近いおやすみでした。

昔は夜の賄いも店のみんなで食べてたんですが、ここ15年ぐらいは、夜はみんな勝手に食べてもらうようになりました。まあ少しでも拘束時間を減らすと言う意味合いからです。

ですので、自分でイタリアンを店で作るか、板垣さんに行くか、中華に行くか、家のそばのラーメン屋さんに行くか、つけ麺屋さんに行くか。仕方なく、行きたくないチェーン店に行くか。

と言う選択ですが、いや、40代までは、毎日全部イタリアンでも大丈夫でしたけど、最近は年とともに流石に和食が恋しくなります。

夜中に食べるので、胃のもたれ具合とかを考えると、お刺身とかが、消化に良い感じです。

問題なのは、こう言う普通にある安くて美味しい和食の店が、ほとんど無い今の日本。

飲みながら、つまみながらの居酒屋さんみたいなのはありますが、それとて、チェーン店が多く、個人できちんと普通にやっているところはほとんどありません。

これはかなり危機的状況だと思います。

普通のものを普通に特に気負いなく食べたいのに、個人店で残っているのは、高級なお店だったりします。

実はlavitaの目指しているところは、この普通の定食屋さんです。

イタリアのフィレンツェの裏通りにある、別にどおってことの無い普通のTRATTORIA。

普通に気負いなく入れる普通のトラットリア。

ありそうでないんです。日本だと。イタリアにはまだまだ沢山あります。

問題は値段ですね。僕ももう少し安くしたいのはやまやま何ですが、オープン当時の25何前と違い、今は食の安心安全も大切なファクター。

美味しい有機の物を探し当てると、値段はどうしても高いものです。仕方ないです。

イタリアからの輸入ものも空輸なのでどうしても高くつきます。

オリーブオイルも有機の美味しいものを探すと、これもかなりの値段です。

ですので、食堂にしては少し高くなってしまうのは、お許し下さい。