blog

イベント用にお題をいただきまして、いろいろと試作を繰り返しております。散々書いてますように、自分勝手に作っても良いなら、日本の食材を入れて、醤油とかをわからない程度に隠し味にして、なんてことも可能ですが、僕がやりたいのはあくまで郷土料理。

その地域独特の食材のみで仕上げる味です。

ただその中にも当然日本人が食べてもおいしいと思っていただかなくてはならず。。

そこの、いわゆるプロデュース的な落とし所が、大切な決め手となります。

こういう作業は大変ですが、とても勉強になりますし、面白いです。

年をとると、つい保守的になりがちですが、いろいろと普段と違うことを詰めていくことで、少しずつまだ前に進んでいるのかなあと思います。

写真は、焼きそばに見えますが、パプリカを練りこんだキタッラというパスタです。