blog

最近LAVITAの裏のマンションの部屋で、民泊みたいのをやってる部屋があるようで、やたらと新しい外国人が裏へ入っていきます。

丁度うちの中村が表にいる時に、道に迷った彼がその民泊部屋の場所を中村に聞いて、裏へいきました。

僕は中で気がつかなかったのですが、翌日店に食べに来てくれたらしいのですが、貸切で、入れずに、その翌日また来てくれました。

その時もほぼ満席で、1人だったのでカウンターに座ってもらいました。

ラテンぽい顔してるから、南米かなー?なんてはなしてたら、なんとイタリア人。

丁度フロアーにイタリア語を話せるスタッフがいたので、色々と話し相手してもらいました。

大学生で、建築の勉強をしていて、数ヶ月日本の建築事務所で勉強して、イタリアの大学に帰るそうです。

LAVITAの裏に住むのは最初の1ヶ月だけで、すぐ飯田橋に移ったのですが、その後3度ほど食べに来てくれて、7月に帰るって言ってたので、もう帰ってしまったかなー。

大学生がお母さんの料理を食べるみたいにして、うちに食べに来ていたので、僕も若い頃は海外のレストランでは散散安く食べさせてもらってるので、他のお客様には申し訳ないのですが、彼には特別料金で、彼の食べたいものを出してあげました。

ある程度の年齢になって、店の名前や僕の顔も忘れたとしても、記憶の片隅に、なんか日本で食べさせてもらったなーって覚えててくれれば幸いです。

僕が、バリ島やオーストラリアやイタリアでいろんな人にお世話になったように、そうすればそれはきっと、今回僕がそうしたように、また何処かの国の若い世代へと、今度は彼から繋がって行くのだと思います。