blog

先日フランスレストランに予約の電話を入れると、6時からの営業との事、6時から予約を入れたのですが、その際に、申し訳ございませんが、6時前の店内へのご案内はお断りしておりますので、よろしくお願いします。との事。

これは実は同業者としては、痛く同感で、当たり前のことなんです。

あまり細かい取り決めがある店は、僕自身が行きたくないので、うちの店もほぼ何もそういう決まりごとは、設けて無いのですが、大人のマナーと言うか、常識と言うか、全てそう言う感じでやっております。

6時からのオープンなのですが、5分前、10分前何て言うのは、まあごく当たり前、常連さんになると、30分前に、到着なんてこともあります。

12時間労働がごく当たり前の、個人店のレストラン、実はオープン前の時間は、貴重な休憩や、仕込み時間なんです。

ただ今の季節なんかですと、この寒空に外でお待ちいただくのは、あまりにも申し訳ないですし。と言うことで、今まで24年間オープン前の早い時間にご来店のお客様を基本的にお断りした事はございません。

これは全ての人間関係において同じだと思いますが、「申し訳ありません、早く着いてしまったのですが、中で待たせていただく事は可能ですか?」

と言うお言葉には、いえいえどうぞ中でお待ちくださいとなりますよね。

当たり前の様にオープン前の真っ暗にしている店内にご入店頂いても、それはちょっとなーと思ってしまう事もあります。

個人店の良いところは、融通がきくところなのですが!商売という点では大手さんと変わりありません。

銀行や百貨店に早く行っても営業開始時間までは開けてくれません。だからと言って、サービスが悪いとは言われないと思います。

インターネット社会において、人間同士が直に会って、数時間を過ごすレストラン。人と人との繋がりにおいて、気持ちや言葉は大切だと思います。

個人店ですので、オープン時間前でも中でお待ちいただける様に致しますが、「すみませんが」のお気持ちをお持ちいただけると、幸いです。