blog

先日本当に何年ぶりかで、昔この同じエリアでイタリア料理をやられていた、年上の料理人の方が、いらして下さいました。最初お会いしたのは、20年以上前、lavitaにお食事にいらしてくださり、僕たちもみんなで食べに行き、その後麻布に移転されて、そのあといらして下さり、そこにも一度食べに行き、それっきりになっておりました。10年は会ってなかったと思います。

ご予約のお名前では気が付かず、お顔を見て、だいぶお歳は召されましたが、昔結構怖い感じだった、その方でした。

たくさん召し上がってくださり、お飲みになられて、「いやあ楽しい時間を過ごさせて頂きました。大変美味しくご馳走になりました。」と、本当に丁寧な。ご挨拶をされて、握手してくださり、おかえりになりました。「もう少し生きてるから、また会いましょうと」最後に言われて、帰られました。

最近は僕より年上の方って、なかなか少なくて、たべにきてくれるのも、若い子が多くなりました。

でもやはりそこは年を経た人の素晴らしさというか、あの素晴らしい物腰は、僕もこれから年を重ねて、身につけていきたいなあと思いました。

長くやっているといいこともありますね。