blog

先日、イタリア研修から帰国した知り合いの料理人が遊びに来てくれました。イタリアの話を色々したのですが、彼が言った言葉で、「いやーここがこんなにイタリアそのものだったなんて、正直今まで来ても気がつきませんでしたし、わかりませんでした。でもイタリアで生活した経験がある今ははっきりわかります。ここがイタリアで、隅々までこだわっていることが。」

とてもうれしい言葉でした。

こだわりなんて、正直同じこだわりを感じてもらえる人にしかわかりません。そんなこだわりを何にも感じないくせに、わかってもいないくせにに、平気で投稿サイトにだらだらとそのこだわりを否定するようなことを書く人がいる時代です。

照明の明るさ、額の飾り方、料理の盛り付け、量、イタリアのインターネットラジオ、置いてある調度品の一つ一つ。わかっていただける人には、わかっていただけます。

ここは日本なので、そして僕も日本人なので、日本人の好みに100%合わせることは、いたって簡単です。でも今の日本は過剰サービス過ぎると思っているし、イタリアにいて感じる何とも言えない間合いとサービス。そして、現地の味

それを実現したいと思いつつ営業しています。

イタリアが好きな人と過ごせる時間は幸せですし、大切にしたいと思っています。そんなイタリアが好きなお客様に囲まれて、これからも生きていきたいなあと思います。

image