blog

昔は書いていた事もあったのですが、最近はあまりネガティブな事は書かなくなったブログ。でも今回は少しだけ。

今時は、首都高速の入口に、歩行者立ち入り禁止などとわざわざ書かなくてはいけない世の中。あまりのらない電車にたまに乗ると山手線の中で普通にお弁当を食べてお味噌汁まで飲み始める人や、口紅をなおすぐらいならまだしも、眉毛を書きだしたり、アイシャドーを入れたり、まあここ数十年で常識が大きく覆されてきていますが、たぶんそもそも常識などというものは、国が変われば全く違うし、それは時代とともにも変化していく事が、正しい事だとは思います。戦前はこうだったといま言われても、「だから?」ってなりますよね。

ただその常識をまだまたいでいる時には本当に大きな違和感を感じます。

でお店でのお話しですが、最近多いのはFBとかで他の店舗さんも嘆いていますが、「キャンセル」僕が店を始めた22年前、まだレストランの予約と言う事がそんなに普及していなかった時代から、だいぶ予約と言うのが普通になった現在、今度はドタキャンやコナキャンが、飲食店のみならず、美容院とかにも多いと聞きます。インターネットの普及というのもありますが、この辺は完全にモラルの問題。これは確実に低下しています。

後30分後に3名はいれますか?と言うお電話をお受けして、お名前をお聞きして、お受けしてお待ちしてもいらっしゃらない。着信で電話番号はわかっておりますが、まああえてお電話を差し上げる事はあまりしていなかったのですが、最近はコールバックするようにしています。

色々と事情はおありになるとは思うのですが、近年はこういうの本当に多いです。

あとは人数の変更のご連絡がなかったり、4名様のご予約で結局2名様しか入らっしゃらず、残りの2名様は3時間後にいらっしゃったのですが、食事はすませたので、いりませんとか。近年こういうパターンも多いです。

TRATTORIAは食事をするところ、カジュアルですが、居酒屋とは違います。もちろん遅いお時間にワインとおつまみだけと言うパターンはありますが、そういう時は今まではお電話だったり、いらっしゃった時に、「すいません食事は済ませてしまったのですが、ワインと軽くつまむだけでも良いですか?」と一言あるのが、僕の中の常識でした。今までは。

食べ物や飲み物の持ち込みも、近年目立ちます。100歩ゆずって、ペットボトルの飲みかけのお水は、我慢しますし、僕のほうから文句を言う事はまずありません。

折角のLA VITAにいらっしゃる数時間、出来るだけ楽しく過ごして頂きたいですし。

でも子供のためとはいえ、お弁当を出して食べだすのは、僕の中では常識外れです。今まではですが。

もらいものや、お土産の品物をテーブルの上でだして、食べてみようかなんていう事もあります。この場合も、せめて一言その旨お伝えいただければ、駄目とは言いません。でも一言もないと、やはり気持ちのいいものではありません。これも今までの常識では。

高飛車なお店が決して良いとは思いませんが、今はどこも敷居を下げ昔ほどはいるのにも緊張するお店というのが少なくなりましたが、やはりそう言う店もないと、飲食店でのモラルがどんどん低下してきています。

インターネットの普及とともに、圧倒的なコミニュケーション不足であり、レストランのように人が直接会話をして時間を過ごす事も少なくなってるんでしょうし、あとは色々なマナーを教える人が、先輩や、親が、これもコミュにュケーション不足で、いなかったり、少なくなってるんだと思います。

レストランは、常識を教える場所でもないし、そんな文句を言うのも、言われたほうも嫌だろうし、言うほうだって、エネルギーを消耗しますが、でもきちんと言わなければいけない事は、こんなとこに書かないで顔を見て直接言うべきなのかもしれません。

そんな年でもあるし、変わってはいけない事は伝える義務もあるのかなあと少し思ってしまうこのごろです。