blog

004
005

フォトジェニックではないのですが、1枚目は豚のレバーをあみあぶらでまいて、茸のソースをかけた1品。トリュフもかかっています。

結構しっかりした料理ですのでメイン料理ですが、前菜としてでもお召し上がりいただけます。

2枚目は賄いの時の写真ですが、トスカーナ名物のズッパディファジョリ。

白いんげん豆のスープですね。春のオリーブオイルセミナーの時にお出しして、大好評だった1皿ですが、オリーブオイルを料理にかける意味がほんとに理解できる1皿です。

最後に上等なオリーブオイルをかけないと完成しないという料理です。現在メニューにオンリストしております。

最近の若い方は本当に召し上がる量が少ないなーとほんとに感じてしまう最近。

最近の若い者なんて言い方、自分がじじいになっているようでいやなのですが、いや昔に比べると、本当にオーダーの量が減っております。

8-9名様でパスタ3人前とかでのシェア―はよくありますからね。お一人様30グラムにしかなりません。

店の売り上げとかじゃなくて、それで本当におなかがいっぱいになっているのかが心配になります。

それとは対照的に、60代、70代ぐらいのお客様は、きっちりフルコース召し上がるお客様が多くいらっしゃいます。こちらがそれでは多すぎるのでとオーダーを減らそうとするのですが、「大丈夫です」とおっしゃるのでそのままフルでお出ししますが、全く心配することなく、すべてお召し上がりになります。

昔は、昔は、とあんまり言いだすときりがないですし、時代は今なのですからその時代にある程度合わせないといけませんから、あまり言いたくはないんですけどね。。。